住宅の不同沈下による傾きを修正するオリジナル工法
『住友林業株式会社との共同開発』
本工法では、まず、扁平鋼管を高圧水により膨張させ、基礎と地盤の縁切りを行います。
その後、床下に設置した多点の注入管から、耐久型薬液を注入し、リフトアップを行っていきます。
扁平鋼管にて縁切りをしたことで、注入はスムーズに施工できるのです。
短時間・低コスト・高品質で施工ができます。

扁平鋼管 φ139.8mm L=1,150mm
膨張した扁平鋼管
特長
住宅への負担が少ない
少量ずつ注入するため建物全体への負担、内装への負担も最小限に抑えることができます。
施工中も普段通り生活ができます
仮住いなどの用意は必要ありません。
スピーディな施工で近隣への影響が少ない
工期は、一般的な住宅で、およそ2週間です。
優れたコストパフォーマンス
施工費は、坪あたり10万円~施工可能です。詳細は担当者まで。
高品質
社内管理基準値は、±5mmでの施工を目標としています。
環境にやさしい
使用する注入材(グランドエース) は、六価クロムを含んでおらず、高い強度と耐久性をもっています。
プラント風景
注入バルブ設置
注入管設置
床下圧力監視装置
室内計測
注入風景
実績
  • 施工実績所在地
  • 宮城県仙台市、茨城県北茨城市、千葉県浦安市・習志野市、東京都江戸川区、埼玉県久喜市、岡山県真庭市、広島県呉市、熊本県熊本市 など
関連資料