オープンシールド工法工法紹介トップへ戻る

当工法は、市街地に上下水、共同溝等の地下構造物などを構築する際、上図のように掘削と同時にコンクリート製暗渠等を布設出来ることから周辺構造物に与える影響が少なく、山留めが不要であり工事場所の占有期間が短いことから近年普及してきた工法である。

上部開放型シールド機を使用し、切羽掘削隔壁内で土圧バランスされた地山をバックホウで掘削排土し、油圧ジャッキにより布設函体を反力にシールド機を推進・函体布設・裏込注入・上部埋戻しを繰り返します。

現況条件に対応した施工が出来、短期間・経済的・安全に施工を行うことが出来ます。

施工前
施工後
施工イメージ図
特長
  • シールド機に底板・隔壁があるため自立出来ない地山・軟弱地盤・帯水層でも土圧バランスを取りながら施工可能です。
  • シールド機は特殊中折れ構造となっており、曲線施工が可能です。
  • 油圧で掘進するため、騒音振動が少なく、住宅街での施工でも周辺環境への影響が少ないです。
  • 直接覆工し掘削機を搭載、既設水路改修での施工がしやすい。また脱着可能な上部を取り外すことで、地下埋設物下を通過しながら施工が可能です。
  • 橋の横断箇所等、施工途中でフロント部を推進タイプに変更し対応可能です。
当社が福室作業所で施工したマシン(□□-3500×3500)
開口部 横幅8.45m 高さ8.60m
地上構造物に影響が少ない
シールド機推進後の隙間には瞬時裏込注入材を充填するので地山を緩めず、家屋等の近接施工も可能です。(補助工法が必要な場合もあります。)
作業帯が小さく迅速に移動
施工幅が布設函体幅より+40cm以内、さらに施工終了箇所から順次埋戻し路面解放が可能です。
シールド機地中残置ができ経済的
シールド機は工区終了時に地中残置ができ、継続工区の再発進用立坑が必要なく経済的です。
掘削機械をシールド機に搭載しての施工
住宅密集地など、工事予定地が非常に狭い場所や、現況が両側石積とブロック積の水路での施工となる場合等、従来の工法では施工が困難な場合に掘削機械をシールド機に搭載することにより、省スペースでの施工も可能です。
福室作業所施工状況(□□-3500×3500)
搭載型施工例
実績
  • 福室作業所(宮城県) 2002
  • 市ヶ谷オープン作業所 2002
  • 長崎中島川作業所(長崎県) 2004
  • ひたちなかオープン作業所 2006
  • 日光川作業所(愛知県) 2008
  • 施工実績表(PDF)
関連資料