フリーフレーム工法工法紹介トップへ戻る

現場吹付け法枠工法『フリーフレーム工法』
現場吹付け法枠工法『フリーフレーム工法』は高速道路やダム、急傾斜地などを中心に多くの実績とともに発展してきました。
合理的な金網型枠と吹付け工法の特徴をいかし法面の安定に有効であり、また緑化工との組み合わせで自然環境との調和を大切にした工法です。

施工状況写真
特長
  • 1)型枠材はメッキ鉄線による金網を使用しているため、錆の発生が少なく耐久性に優れています。
  • 2)型枠材の編み目を部分的に変えているため、モルタル・コンクリート吹付け時にリバウンドロスをスムーズに排出でき、よい品質の法枠ができます。
  • 3)吹付け工法によるため仮設が簡単で作業スペースが比較的狭くて済みます。
  • 4)型枠部は埋め殺しとなり解体が必要ありません。
施工状況写真
実績
  • 新宇遠別トンネル(北海道) 2003
  • 桝谷ダム(福井県) 2004
  • 木戸ダム(福島県) 2004
関連資料